身近なところで大発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶飲料と食品添加物

静岡産の「新茶」を買いました。
試飲をして店員さんとの話が盛り上がり、とても美味しかったです。味はわかりませんが「本物のお茶」でした。

普段飲んでいるペットボトルのお茶は正確には「お茶飲料」と自覚していれば、本物を飲んだ時に本当に贅沢な気分になります。

ペットボトルのお茶のラベルを見ると、ほとんどが原材料「お茶、ビタミンC」と書いています。2種類です。嘘偽りはありません。

ただ、お茶は本物でも、中国などからの輸入で、商品価値の無いクズや茎の部分が大量に安く仕入れられ、裁断され湯にぶち込まれます。

そうしてできた茶湯から不純物が取り除かれます。本来のお茶の良い成分とされるところは不純物と見間違うため全て取り除かれます。すでにお茶であることに意味を持たない液体。

この「お茶液体」に綺麗な着色と、本物そっくりの味や香りのうまみ成分によって化学的な「お茶もどき」が完成!

化学合成・食品添加物は数ある種類全てが「法令の表示義務未満の量」という寸止めの比率なので、ここが各メーカーの腕の見せ所。

そして最後に「ビタミンC」。保存料がいくつかあるうち、一番耳障りの良い防腐剤用の「ビタミンC」が使われているそうです。

で、身体に悪いかといえば、体にいいんです。
休憩中に自販機の前で、「缶コーヒーご馳走するよ」と言われた時「私、ウーロン茶で」。。。砂糖を気にする人は、逃れることができました。ホッと一息つきたいときは「お茶もどき」でも無いよりは気分転換になる。真夏の熱中症寸前では、何も飲まないよりは「お茶もどき」でも飲んだ方が脱水症状で倒れる確率が下がります。そういうレベルの話で。

ほとんどの人が合成添加物から逃れることはできませんよね。余程の経済的に余裕があるか、自給自足の生活に入るしかありません。

「これは危険だ、あれは危険だ」と情報がどんどん流れてきますが、どうしようもない状況です。どうしようもないのがわかっていて「お前はどうしようもない」と言われるとツライ。。。。

ただ、知っていると「レモン200個分のビタミン配合」で50円高い商品は、化学的なビタミン剤をうたい文句のために入れているだけで、普通のでいいや。と、余計なオプションに惑わされなくなります。

食品ジャーナリストの「安部司さん」を知ってから、添加物表示が面白くなりました。実演動画はたくさんありますが、どれも面白いです。お名前で検索するとたくさんあります。

添加物が悪いのではなく、知っていると、本物のお茶が贅沢に、さらに美味しく感じるようになります。ありがたや~!

知ってしまった後、自分で淹れたお茶の方が美味しいと感じれば、水筒の持ち歩きも苦でなくなり、結果的にお財布にも優しい。



動画は5分。親子でジュースの作り方!「天然成分~!!!」オレンジジュースの橙色はカイガラムシの死骸→虫だから天然!メロンジュース緑色のクロロフィルは直接葉っぱから取ると手間がかかるから葉っぱを食べさせた「カイコの糞」→ウンチだから天然!「天然成分」にウソはないけど、なんとなく卑怯な感じが。。。。。

「危ない・危ない」と危険をあおるような情報にウンザリしているのですが、以下の動画、安倍司さんの話で合成添加物とのバランスある関わりに自信がもてるようになるかもしれません。

本当の事を知って、高校生はお母さんのお弁当が美味しく感じるようになるそうです。

食品の裏側 1/4


食品の裏側 2/4


食品の裏側 3/4


食品の裏側 4/4
プロフィール

ave.sun.

Author:ave.sun.
毎度!あヴぇさんです!

身長169.7cmあります。
170という壁を一度も超えたことがありません。

普通に会社員してますが、休日に地域のイベントに出没することがあります。

気分的には、かなり!千葉県民です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter≪本日のテーマ曲≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。