身近なところで大発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人間万事塞翁が馬」

「スポーツ選手やミュージシャン、役者がヒーローである時代は素晴らしい。少なくとも、政治家や軍人が脚光を浴びる時代よりはよいんじゃないかと思います。」


MC&バックシート ラブ!(4分40秒)

浜田省吾の数分のMCの締めくくりには共感するものがあります。

身近にいる、自分にとっての幾人ものヒーローや師のアドバイスに耳を傾けつつも、ある部分について素直でない。自分自身、確信したことを実験し、体験をもって実証しないと気が済まない。師の客観的見解と、自分が見た光。どちらが正か。先のことは先になればわかるはず。


そんな折り、ある書籍で目に留まった部分。


「人間万事塞翁が馬」

(じんかんばんじさいおうがうま)

今から2100年以上前に中国で書かれた「淮南子」という本に出てくる話なんだけどね。
国境のとりで(=塞)に住んでいた老人(=翁)の馬が、ある日、隣の国に逃げてしまった。これは不幸だよね?
だったら嘆き悲しむべきなのかな?
しばらくして、その馬は、隣の国の名馬を連れて戻ってきた。不幸が幸福になったというわけだ。これで喜ぶべきなのかな?
ところが、老人の息子がその名馬乗っていたら落馬して足の骨を折ってしまった。今度は幸福が不幸になった。やっぱり嘆き悲しむべきなのかな?
ところがだ。隣の国とその戦争が始まってたくさんの若者が兵士に徴用されたのに。老人の息子は骨折していたから戦争に行かずに済んだ。またまた不幸が幸福になったわけだ。結局「人間万事塞翁が馬」ってのは、「世の摂理は人知を超える」っていう意味なんだ。
つまり、人の世では、何が幸福につながり、何が不幸につながるのか、事前にはわからないってことだ。
2013-01-07 | 日記 | トラックバック(0) |
プロフィール

ave.sun.

Author:ave.sun.
毎度!あヴぇさんです!

身長169.7cmあります。
170という壁を一度も超えたことがありません。

普通に会社員してますが、休日に地域のイベントに出没することがあります。

気分的には、かなり!千葉県民です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter≪本日のテーマ曲≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。