身近なところで大発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上総掘り!みんなで行ってきました!

ガッシーさんが言い出してノリで決まってしまった企画名
阿部ちゃんと行く上総掘り(東国吉)」は無事終了です!

2月5日、参加者8名!

みんなで、東国吉の上総掘りボランティア、行ってきました!

あか26
東国吉の上総掘り詳細は基礎ノート帝京平成大の菊池先生HP前回レポートをご参照ください!

とにかく楽しくて、大勢でワイワイやると、こんなにも時間を忘れてしまうのか!と思ってしまいました!

またも、写真てんこ盛り!一日の中にいろんな事ありましたね!

手づくり工房てまひま」見学のあと、山を歩くこと10分。

ちょっと曇りでしたが、時折、太陽も顔をのぞかせ、ロケーションは最高!

あか27

親方の田中さんより、事故なく無事に作業するための注意事項や説明を受けました!
田中さんの厳しさからは、今まで、細心の注意を払って作業を続けてきた苦労を感じました。

あか1jpg

掘削のレクチャーを受けるガッシーさん
「明日はきっと筋肉痛だよ、こんなにキツイもんなのぉ?」
いきなり、体力の限界宣言。。。。。なのか?

あか5

一人3分で交代なので、楽しくお話ししながら待ちます。

水の役割は、土をやわらかくするだけではありません!
50mの地底では5気圧という土圧がかかり、水圧をかけて抵抗しなけれは、あっという間に井戸が潰れてしまいます。約2トンの水を常に満たす必要があり、地中へ徐々に抜けていく水を補充するのは大切な仕事なんです!

水を入れているのは、宋さん!

あか6

豪快な薪ストーブが、寒さから身体を癒してくれます。

あか7

薪割りに挑戦中の、やっくん。ツボにハマったらしく、かなりの本数割ってました。
親方に教わり、薪のサイズもだんだん揃ってきて上達が早い!
「好きこそ物の上手なれ」ってヤツですね!

あか8

親方の薪割り演武!ホント鮮やかです!

あか9

薪の中で冬眠中のトカゲを起こしてしまいビックリ!
竹取物語ならぬ薪取り!別な所へ引っ越しさせてあげました(宋さんが。。。)
僕は怖くて触れない。。。

あか10

たき火大好き!の竹内さん

あか11

竹内さんが「玩具を手放さない子供」の様に薪割りに夢中になってしまい独占状態!

やっくんは木屑燃やしのたき火を手伝いに離脱です!
それにしても容赦なく豪快な炎です!

あか12

小腹も空いて、ランチタイム!
なのに、いつのまにか実験が始まってました!

あか13

「親子電気教室」イベント構想中のエネちばメンバー。
電気のことが体験できて子供が楽しめる、工作キットにしたいなぁ!なんてワイワイ始まってます!

あか14

昼食チャージ完了の、エース森田さん。
クールなフリしても、顔真っ赤で全力なのが、バレバレです!

あか4

15:00掘削終了!堀鉄管を引き抜きます!

あか15

あか16

休みなく6時間掘り続けた成果です!

この土、深さから、房総半島がまだ存在しない約30万年前から地中眠っていたものを、僕らが今日初めて地上に引き出した事になります。すごいでしょ!

「30万年前といえば、旧石器時代だそうです。日本の後期旧石器(3~1万年前)北海道から九州まで5000箇所以上の遺跡が確認されているそうですが、中期(30万~3万年前)、前期(250万~12万年前)旧石器時代の遺跡は存在してないらしいですよ。この地層で何か見つかったら、すごいですね!」(幸子さん談)

あか17

後片付けの、スイコで泥を出す作業。地元ボランティアの人たちにすっかり気に入られた伊豆ちゃん。
なんと!ヒゴ車を回すことを許されてしまいました!ウラヤマシイ!
回している時も、楽しそうな笑顔!

あか18

錘のついた糸を垂らして測った井戸の深さ!

※北から
あか19

※南から
あか20

深さを実感して感動の瞬間です!

あか21

幸子さんが指さす今日の掘削深さは、55.53m!

参加者8名と、地元ボランティアの方、合わせて17名で、今日一日の作業、53cmも掘れました!

今回は、貝殻層の地層にぶつかり、水が出ることもかなり期待できると、現地ボランティアの人たちが大喜びで2月5日の作業は終わりました!

上総掘りを終えた後に、農業用水路のマイクロ水力発電の候補地を見学しました!

あか22

既に、流量調査も終えていて、ほしい電力が得られる環境なのがわかりました。
ただ、ネックなのは行政手続きが困難とのことですが、水の量が十分なのが分かっただけでも、今後に希望が持てますね!

あか2

とにかく中身の濃い一日にみんな満足!
フィールドワークって楽しいですね!

あか25

東国吉の上総掘りは昨年4月から、述べ120日!
現地のボランティアの方々によって行われています。
水が出るまで、もう少しの間、堀りは続きます。
火曜、木曜、日曜の週3日行われています。
ボランティアや見学、随時募集中なので興味のある方は東国吉里山保全の会へ連絡お願いします。

あヴぇさんへメールでも取り次ぎますよ!

あか23

現地へ行ってみないとわからない事たくさんあります。
自然の豊かさや、人の熱気。
充実した一日、東国吉のみなさん、ありがとうございました!

プロフィール

ave.sun.

Author:ave.sun.
毎度!あヴぇさんです!

身長169.7cmあります。
170という壁を一度も超えたことがありません。

普通に会社員してますが、休日に地域のイベントに出没することがあります。

気分的には、かなり!千葉県民です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter≪本日のテーマ曲≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。