身近なところで大発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上映会の舞台裏から!

「第4の革命 エネルギーデモクラシー」千葉上映会のあとトレジャーリバーブックカフェで懇親会が行われました。
美味しい料理も、たくさんいただきました!

第4

僕は、仕事の都合などで、なかなか打ち合わせへ出席できなかったのですが、とにかく準備期間中、スタッフみなさんの熱意を物凄く感じてしまい、舞台裏を紹介したいと思いました。


今回のような映画上映会は、映画を見て、大勢の人にみてもらいたいと思った有志の人が、具体的に行動を起こすことから始まります。

「一緒に上映会をやろうよ」と友達、知り合いに呼びかけ、その意義や熱意に賛同した人が集まってチームになります。

まずは、現実的に、「お金」という問題をクリアしなければなりません。

通常、社会問題のドキュメンタリー映画のフィルムレンタル十数万円。

「第4の革命」の配給会社は、以前スタッフで参加した「幸せの経済学」と同じ会社で、ユナイテッドピープルです。

それに加え、集客に向けての宣伝活動(メディアの広告掲載費、駅等ポスターの掲示費用、上映会場費、プロジェクターなど資機材のレンタル料など)、これらを合わせれば結構な金額になってしまいます。

しかし、多くの人に来てもらいたいので、映画チケット代も極力安く抑えたい。

もろもろ、話し合い、集客目標人数を100名とか150名とか決めて、収支プラスマイナスをゼロに近づけるために、皆、知人への呼びかけなど、宣伝活動を行います。

人が来なくて赤字が出れば、当然スタッフの折半です。
(運よく少し黒字なら次のイベントへの足掛かりになりますが)

たとえ、立ち上げメンバーが数人でも、この時点で、皆、自腹も切る、腹をくくっています。

それだけ、人に伝えることに意義があると思っているのです。


具体的な作業としては、

■会場の選定、予約。

■当日の会場ボランティアを募る。

■上映会の宣伝を、どのような方法で行うか。

■資機材は何を、どこから借りるのか。スタッフが操作可能か。専門的な設備であれば操作方法の習得。

■イベントの方向性の決定と、上映会の構成。参加者討論会なども企画するのか。

■チラシのデザインはどのようにするのか。

など、課題は沢山あります。

今回は、全国一斉上映に合わせるということで、準備期間がとても短い。しかも年末年始を挟み、スタッフ全員が集まる機会も少ないという状況でした。

パーマカルチャー井戸端会議@ちば単独の初回打ち合わせが12月4日、同趣旨の自然エネルギー千葉の会がコラボレーションを打診しての合同打ち合わせが12月10日。

準備期間は、わずか、1か月!

早速、メーリングリストが作成され、ネット経由の作業が始まります。

メンバーそれぞれ生活のスタイルも違いますので、早朝から深夜まで、添付ファイル付きのメールが連日飛び交い、提案、確認、進捗報告、途中新しく加わったスタッフの紹介などが年末年始関係なく行われました。

上映直前にパンフレットのデザインが決まり、印刷を担当したスタッフは、インクの取り換えなど、家族に協力してもらって、24時間プリンターがフル稼働状態だったとのことです。

上映会は大成功でした。

フェイスブック上で情報を広めたこともあって、たくさんの人に関心を持ってもらえました。


そして、2月25日(土)19時から千葉市生涯学習センターで行う、上映会第2部に向かっています。
「第4の革命」感想語り場です。
ISEP 環境エネルギー政策研究所(飯田哲也所長)の、主席研究員を務められている松原弘直先生をお招きしています。専門家と参加者が、直接対話できる座談会形式にしようと企画中です。詳細決まり次第、自然エネルギー千葉の会でも、お知らせの予定です。




何度か、自主上映会のスタッフとして参加していますが、終えてからの感動は毎回あります。

時間の無さ、予算の無さ、色々なものが足りない。だけど集まれば大きな力になります。

僕は、机、イスなど什器の設営や、舞台設備そのものなど、工事現場的な動きは得意で活かせます。

他に、経理・事務を得意とする人、IT関係者で資機材ソフトに詳しい人、出版社勤務で広告が得意な人。デザインが得意な人。オーガニック食品の会社を経営していて人脈がとても多い人。営業マンでネット経由の打ち合わせのスキルが高い人など、それぞれの個性を発揮しています。

遠くから、足を運んでくれた来場者のみなさん、ありがとうございました!

ドキュメンタリー映画の上映を通じて、仲間と繋がったり、情報を発信したいと思った人もいるかもしれませんが、だれでも上映会はできますよ!

なんでも、「やる」と言い出した最初の一人から始まるんですね!

僕自身も、友人の熱意に絆されて、スタッフに参加しましたが、大変な分、感動も大きく、楽しかったです!

マルチチュードという言葉があります。これからの世界・環境を作るために期待されている概念だそうです。

ただ人が大勢いるわけではない。熱意をもった人が集まり、得意分野を発揮するとき、大きな力となって何かを成す。

想像のできない、大きな世界の話ではないんですね!

上映会場という小さな空間での一体感。何か始まる予感。

個性豊かな人々(マルチ)が集まって、一つの楽曲を成す(エチュード)

「マルチチュード」

そんな、感じがします!
プロフィール

ave.sun.

Author:ave.sun.
毎度!あヴぇさんです!

身長169.7cmあります。
170という壁を一度も超えたことがありません。

普通に会社員してますが、休日に地域のイベントに出没することがあります。

気分的には、かなり!千葉県民です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter≪本日のテーマ曲≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。