身近なところで大発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い春

松本大洋原作の「青い春」を観ました。
映画のレビューではなく、湧き出してきた感覚を言葉にした覚書です。

予告動画


※フルムービーが見れるので最後にリンクしておきます。

作品全般にわたり、暴力と衝動的殺意で表現されている。

「無気力」という中に希望を強く見いだせない少年たちの苛立ちと不安、恐怖心が伝わってきた。

松本大洋が高校時代に「大友克洋」を読んでいたとの記述から「AKIRA」の鉄雄と金田の関係が投影されていると感じた。

ラストシーンで九條が屋上に向かって駆け出すところは救いで、青木が限界を超えてしまう。それは屋上からの転落死。直観的に体が動くというのは、それは愛ある行為だから。

暴力を別な形に置き換えるなら、自分が居る社会の人間の心模様に重ねることも可能だと思った。

自分に自信を失えば、たちまちのうちにビジネスの釣られ層へと転落し、自らの豊かさを周囲とくらべるようになる。不良少年、ツッパリは狂ったシステムに翻弄されれば幸せを見出しにくくなると感覚的に知っているのではないか。

僕らは、感情から湧き出す才能を発揮する機会を幼い頃に閉ざされる。
個性を封印し、周囲との牽制の中で少年期を過ごすとすれば、高校生の無気力な状態がとてもリアルに伝わってきた。自分を見出す術を奪われてしまっては自信を保つことはできない。

自分を見出す術というのは「気力」でしかない。その結果を世間では「成長した」とか表現しているけど。

長らく精神的には苦しい状況ではあるのだけど、僕に至っては「幸せや満足感は闘って勝ち取るもの」と言い聞かせ「こんなヘタレで終わってたまるか」と日々闘っている。その「気力」が「気合」となり、潜在的に自分が求めている出来事を引っ張ってくるが、折り重なる出会いが必要で、数年あるいはそれ以上という時を費やすこともあると覚悟することが大切だ。

運命とは自らの「気力」が操るもの。これは信じることではなく僕自身の過去を振り返り、実績としてしっかりある事実。「気力」があるかぎり感受性は枯れず明日に光を確信できるが、未来はどういう形になるか解らない。

「自分を見出す術」=「気力」は「信じる」ことから始まる。まったく頼りにならない大人達からの保身で抵抗する態度をとるならば、いずれ自分の肥やしとしていくことができるのに。

僕がもし監督なら、拍手12回目で九條が間に合い、青木はアイコンタクトで無言の会話を行う。九條との出会いから後を走馬灯のように蘇らせる。青木は心理的救済の後、笑顔を見せて13回の拍手により転落。死をもって友情を不朽のものへと昇華させたい。

しかしなぜ、松本大洋が描くのは2人の対話に間に合わないクロージングなのか。

ラストで九條が屋上についた瞬間に、13回の拍手で青木は転落死して映画は終わる。

「青い春」フルムービー












スポンサーサイト

初恋

Short Film "初恋"

※全編15分を観ることができます。


企画・原案:浜田省吾
総監督:根岸吉太郎

キャスト:小泉今日子、伊藤大翔、葉月、肘井美佳、他。

エキストラ:劇団ひまわり、成美小学校5、6年生のみなさん、名栗地区のみなさん

※ロケ地は埼玉県でしょうか?地元の方、メッセージをください。ロケ地めぐりもしてみたいです。

「浜田省吾/my-first-love」の DVDに収録。

15分の短編映画。小泉今日子が母役を演じ、ファンの間でちょっとした話題に?なったはずだよね?浜省ファンのブログ等でも「甘酸っぱい」「泣ける」など前向きな感想がめだつのだけど、Short Filmそのものを熱く語っている人は、いない。なので僕が、世界で初めて熱く語ってしまうよ。


ストーリー

転向してきた小学生の主人公:田中健一(伊藤大翔)がクラスになじむ最初の過程のお話。

■舞台装置としては痛快なほど少年漫画をトレースしていると思う。

■初登校。ヒロインの隣の席が指定席。教科書を見せてもらうがちょっと最初はぎこちないというな出会い。

■ガキ大将率いるヤンチャなグループ。転校生が危険分子かを探る牽制。服従を目的とした威嚇。

■主体の強い主人公。ガキ大将との決闘。友情の芽生え。

■ヒロインと共通の価値観。ときめきの始まり。

ざっくりな展開ですが少年漫画の王道という感じです。

田中少年が精神的に強い(強がり)なため、かわいそうでホロリと来てしまいます。

母子家庭をネタに揺さぶられますが「父ちゃん余ってたら、貸してくれよ」という強気な切り替えしに、「お前ってかわいそうなやつだな」ととどめの一言。踵を返す後ろ姿は、先々不安になるくらい。

橋の欄干での決闘は田中少年の負けなのですがファイティングスピリットが伝わることで友情が芽生えます。

本気の奴は受け入れられるってことなんですね。

あと、恋の展開、パートナーとは趣味や価値観が近いと最高なのですが「スティービーワンダー」が好きな小学生の男女。こんなレアな奇跡のカップル。そのまま添い遂げそうな感じもします。

全体的にトキメキがあります。

新しい環境、仲間に出会うときは田中少年のような堂々たる自信と態度は大切。あとは「本気」

スティービーワンダー「太陽のあたる場所」浜田省吾カバー対訳歌詞あり
A PLACE IN THE SUN


浜省 my-first-love は、少年がロックンロールに恋をしたという内容だけど、表現が日本的!和な感じ!

「あヴぇペディア」に差異をメモしておきましょう!

「恋」は俗で一般的。「愛」は神聖で道徳的。

「恋」という言葉はとても古く奈良時代につくられた「万葉集」でもすでに使われている。ただし相手は人間だけでなく、ふるさととか季節とかも恋の対象だった。

一方の「愛」は言葉自体は古くからあるが、英語のLOVEと似た意味で使われるようになったのは明治時代以降。明治時代になって開国した日本に、アメリカやヨーロッパの国々から、それまでなかった「愛」のあたらしい意味が伝わった。そこには男女の愛もあれば、キリスト教の「神への愛」「隣人愛」なども含まれる。

なので、情緒的に、初恋相手はロックンロール、ラジオを聞いたら電流が走った!この使い方は「アリ」なんですね!
プロフィール

ave.sun.

Author:ave.sun.
毎度!あヴぇさんです!

身長169.7cmあります。
170という壁を一度も超えたことがありません。

普通に会社員してますが、休日に地域のイベントに出没することがあります。

気分的には、かなり!千葉県民です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter≪本日のテーマ曲≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。