身近なところで大発見!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカソ「ゲルニカ」

サザエさん一家は綺麗だから、波平がキャバクラで豪遊してフネに怒られるシーンが仮にあったとしてもカットされている。

しかし、テレビに出ないところで善(楽しい事)も悪(辛い事)も一対の美しい家庭。

たぶん。リアルとはそんな感じだろう。

写真は岡本太郎の名言です。

岡本太郎2



岡本太郎の言う「ピカソは美しい。しかし、けっして、きれいではない」これをネット情報をかき集めてザックリ解説しよう!

ウィキペディア(コメントにリンク貼ります)によると・・・

スペイン内戦の最中の1937年4月26日、スペイン北部・バスク州の小都市ゲルニカがフランコ将軍を支援するナチスによって空爆を受けた。史上初めての都市無差別空爆と言われることがある。滞在中のパリでこの報を聞いたピカソは、かねて人民戦線政府より依頼されていた同年のパリ万国博覧会スペイン館の壁画として急遽ゲルニカを題にこの作品に取り組み、6月4日には完成させる。

ゲルニカ

古今東西、戦争と軍隊の在り方は、非戦闘員である一般市民に危害が及ばないように専門家である軍隊同士が市街地より遠く離れて行うものでした。

違う民族が近い土地にいるのだから、たまには、いざこざが起こるのは当たり前です。

お互い、隣の家の食糧を勝手に食べてはいけないし、人ん家の息子を脅して畑を耕したりの労働を強制してもいけない。「ウチの娘に手を出したらぶっ飛ばすぞ」とお父さん同士凄んでいるのが「抑止」の状態で、ごく自然なことです。

これではまずいので「町内会で物事を決めて、みんなで楽しく過ごしましょう」という「外交」によってゴミ当番や草刈りなども協力して平和な状態をみんなで作るのが理想です。

それでも話し合いがこじれた時。オヤジどうしで公園で決闘し、勝った方の意見を採用しましょう。それが軍隊の存在意義だった。

民主主義とは、エゴとエゴのぶつかり合いで、致し方なく妥協点を探しましょうという消極的なシステムなんですよね。

1937年、小都市ゲルニカをナチスは空爆した。完全なるルール違反。「自由にしていい」の行く末なんですね。

歴史上で無防備な一般市民が空爆という不条理な攻撃を受けた瞬間でした。

ピカソは完全に頭にくる。



「ふざけんな!ばかやろう!」



そして描き殴った「ゲルニカ」はナチスへの憎悪に満ちた作品。醜い心情の結晶。

ピカソはスペイン生まれでフランス共和党党員。「自分が共産主義者で自分の絵は共産主義者の絵」と言い、思想的立場をとっています。

だから世界中で今でも「ゲルニカ」から滲みだす怒りが評価されるのでしょう。

純粋に「醜というエネルギー」がとてつもなく大きい事を。



きれいではない、醜いが、美しい。



もし仮に「ゲルニカ」が発表されず、今僕が、全く瓜二つの絵画を発表しても、だれの心も打つことは出来ないでしょう。

憎悪に満ちた作品が「美しい」とされるのは、前提が非常に奥深いものだからと思います。


本屋で岡本太郎を手に取ったために、かなり調べて勉強になりました。
その「偶然」にありがとう!
スポンサーサイト
2013-11-15 | 日記 | トラックバック(0) |

お茶飲料と食品添加物

静岡産の「新茶」を買いました。
試飲をして店員さんとの話が盛り上がり、とても美味しかったです。味はわかりませんが「本物のお茶」でした。

普段飲んでいるペットボトルのお茶は正確には「お茶飲料」と自覚していれば、本物を飲んだ時に本当に贅沢な気分になります。

ペットボトルのお茶のラベルを見ると、ほとんどが原材料「お茶、ビタミンC」と書いています。2種類です。嘘偽りはありません。

ただ、お茶は本物でも、中国などからの輸入で、商品価値の無いクズや茎の部分が大量に安く仕入れられ、裁断され湯にぶち込まれます。

そうしてできた茶湯から不純物が取り除かれます。本来のお茶の良い成分とされるところは不純物と見間違うため全て取り除かれます。すでにお茶であることに意味を持たない液体。

この「お茶液体」に綺麗な着色と、本物そっくりの味や香りのうまみ成分によって化学的な「お茶もどき」が完成!

化学合成・食品添加物は数ある種類全てが「法令の表示義務未満の量」という寸止めの比率なので、ここが各メーカーの腕の見せ所。

そして最後に「ビタミンC」。保存料がいくつかあるうち、一番耳障りの良い防腐剤用の「ビタミンC」が使われているそうです。

で、身体に悪いかといえば、体にいいんです。
休憩中に自販機の前で、「缶コーヒーご馳走するよ」と言われた時「私、ウーロン茶で」。。。砂糖を気にする人は、逃れることができました。ホッと一息つきたいときは「お茶もどき」でも無いよりは気分転換になる。真夏の熱中症寸前では、何も飲まないよりは「お茶もどき」でも飲んだ方が脱水症状で倒れる確率が下がります。そういうレベルの話で。

ほとんどの人が合成添加物から逃れることはできませんよね。余程の経済的に余裕があるか、自給自足の生活に入るしかありません。

「これは危険だ、あれは危険だ」と情報がどんどん流れてきますが、どうしようもない状況です。どうしようもないのがわかっていて「お前はどうしようもない」と言われるとツライ。。。。

ただ、知っていると「レモン200個分のビタミン配合」で50円高い商品は、化学的なビタミン剤をうたい文句のために入れているだけで、普通のでいいや。と、余計なオプションに惑わされなくなります。

食品ジャーナリストの「安部司さん」を知ってから、添加物表示が面白くなりました。実演動画はたくさんありますが、どれも面白いです。お名前で検索するとたくさんあります。

添加物が悪いのではなく、知っていると、本物のお茶が贅沢に、さらに美味しく感じるようになります。ありがたや~!

知ってしまった後、自分で淹れたお茶の方が美味しいと感じれば、水筒の持ち歩きも苦でなくなり、結果的にお財布にも優しい。



動画は5分。親子でジュースの作り方!「天然成分~!!!」オレンジジュースの橙色はカイガラムシの死骸→虫だから天然!メロンジュース緑色のクロロフィルは直接葉っぱから取ると手間がかかるから葉っぱを食べさせた「カイコの糞」→ウンチだから天然!「天然成分」にウソはないけど、なんとなく卑怯な感じが。。。。。

「危ない・危ない」と危険をあおるような情報にウンザリしているのですが、以下の動画、安倍司さんの話で合成添加物とのバランスある関わりに自信がもてるようになるかもしれません。

本当の事を知って、高校生はお母さんのお弁当が美味しく感じるようになるそうです。

食品の裏側 1/4


食品の裏側 2/4


食品の裏側 3/4


食品の裏側 4/4

労働と忍耐

「99回失敗した末に100回目で成功する」無責任な当事者以外の激励に、当の本人はどう受け止めるのだろうか。

実際には999回失敗して1000回目に成功するうちの100回目。だった場合、出口の光が見えない中で本人の心理は耐えられる状態だろうか。

①「グッドルーザー」負けっぷりのいい人

という言葉を知ったのだけど、同じタイミングで聞きかじったのが繋がって面白かったです。

②「どのようにし努力しても目的に達せぬばかりか、かえって遠のいて行くような気がしてぞっとする時、そういう時あなたは忽然と目的に到達せられる。」ドフトエフスキー「カラマーゾフの兄弟」

想像に容易いのは「高校野球」。高校球児はどれ程の練習や素振りを影で淡々と行ってきたんだろうか?

勤め人に必要なのは「労働と忍耐」で、実際は時折脳ミソがサボっている。続けるためのバランスも大事?

「グッドルーザー」前向きに使えばよい単語!
2013-07-29 | 日記 | トラックバック(0) |

発情してオオカミを倒してしまうヒツジ

「トヨタ カローラ TRD2000」
標準価格335万円 1994年99台限定 
受注生産かつ、販売条件30歳以上

カローラ

「マフラーが左右2本出し」以外は、どこからどう見てもオヤジ車、全く主張しない没個性な外観の中身はラリー仕様のモンスター。

カローラなのに335万円!
カローラなのに限定99台!
カローラなのに受注生産!
カローラなのに30歳以上にしか売ってくれない!
カローラなのに180ps

そして~!限定99台なのに、世界で12人しか買わなかった。生産されたの12台。インプレッサやランサーの影で、誰も見向きもしなかった。

全く世間的な評価を受けない人知れずの「真剣勝負」。。。

努力すれば「ヒツジの皮を被ったオオカミ」になれるだろう。

しかし「発情しすぎてオオカミを倒してしまうヒツジ」は先天的な何かをもっている。
そういうものに、私はなりたい(諭吉)
2013-07-19 | 日記 | トラックバック(0) |

青い春

松本大洋原作の「青い春」を観ました。
映画のレビューではなく、湧き出してきた感覚を言葉にした覚書です。

予告動画


※フルムービーが見れるので最後にリンクしておきます。

作品全般にわたり、暴力と衝動的殺意で表現されている。

「無気力」という中に希望を強く見いだせない少年たちの苛立ちと不安、恐怖心が伝わってきた。

松本大洋が高校時代に「大友克洋」を読んでいたとの記述から「AKIRA」の鉄雄と金田の関係が投影されていると感じた。

ラストシーンで九條が屋上に向かって駆け出すところは救いで、青木が限界を超えてしまう。それは屋上からの転落死。直観的に体が動くというのは、それは愛ある行為だから。

暴力を別な形に置き換えるなら、自分が居る社会の人間の心模様に重ねることも可能だと思った。

自分に自信を失えば、たちまちのうちにビジネスの釣られ層へと転落し、自らの豊かさを周囲とくらべるようになる。不良少年、ツッパリは狂ったシステムに翻弄されれば幸せを見出しにくくなると感覚的に知っているのではないか。

僕らは、感情から湧き出す才能を発揮する機会を幼い頃に閉ざされる。
個性を封印し、周囲との牽制の中で少年期を過ごすとすれば、高校生の無気力な状態がとてもリアルに伝わってきた。自分を見出す術を奪われてしまっては自信を保つことはできない。

自分を見出す術というのは「気力」でしかない。その結果を世間では「成長した」とか表現しているけど。

長らく精神的には苦しい状況ではあるのだけど、僕に至っては「幸せや満足感は闘って勝ち取るもの」と言い聞かせ「こんなヘタレで終わってたまるか」と日々闘っている。その「気力」が「気合」となり、潜在的に自分が求めている出来事を引っ張ってくるが、折り重なる出会いが必要で、数年あるいはそれ以上という時を費やすこともあると覚悟することが大切だ。

運命とは自らの「気力」が操るもの。これは信じることではなく僕自身の過去を振り返り、実績としてしっかりある事実。「気力」があるかぎり感受性は枯れず明日に光を確信できるが、未来はどういう形になるか解らない。

「自分を見出す術」=「気力」は「信じる」ことから始まる。まったく頼りにならない大人達からの保身で抵抗する態度をとるならば、いずれ自分の肥やしとしていくことができるのに。

僕がもし監督なら、拍手12回目で九條が間に合い、青木はアイコンタクトで無言の会話を行う。九條との出会いから後を走馬灯のように蘇らせる。青木は心理的救済の後、笑顔を見せて13回の拍手により転落。死をもって友情を不朽のものへと昇華させたい。

しかしなぜ、松本大洋が描くのは2人の対話に間に合わないクロージングなのか。

ラストで九條が屋上についた瞬間に、13回の拍手で青木は転落死して映画は終わる。

「青い春」フルムービー












プロフィール

ave.sun.

Author:ave.sun.
毎度!あヴぇさんです!

身長169.7cmあります。
170という壁を一度も超えたことがありません。

普通に会社員してますが、休日に地域のイベントに出没することがあります。

気分的には、かなり!千葉県民です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter≪本日のテーマ曲≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。